• 東京校 03-5770-7716 (なないろ)
  • 大阪校 06-6966-1616 (いろいろ)
  • 受付 10:00~18:00 (定休 木曜)
修了生のお仕事スタイルインタビュー 修了生のお仕事スタイルインタビュー
1 1

2015年秋に卒業後、自宅サロンを開業した水原奏美さん。現在、女性限定のカラー&イメージコンサルティングを行なっています。採用関連の仕事をしていたときに、見た目や立ち振舞いの大切さに気が付いたと話す水原さんの“お仕事スタイル”をご紹介します。

職業としてのイメージコンサルタントが何なのか、ラピスが教えてくれた

――イメージコンサルタントとしてどんな仕事をしていますか?

「私は個人のお客様向けに女性限定で、ファッションやメイクに関するコンサルティングをしています。女性限定にした理由は、私自身がイメージコンサルティングを受けて良かったと思ったことを、同性の方に同じようにお返ししたかったからです」

――ラピスアカデミーを選んだ理由は何ですか?

「一番大きい理由は、メソッドがしっかりしていたからです。私自身、イメージコンサルタントになると決める前にいろいろなサロンへ見学に行きましたが、納得のいかないことが多かった。パーソナルカラーを少しかじったこともありましたが、そのときも納得がいかなくて……そういうときに出会ったのがラピスのメソッドで、初めてしっくり来ました。たとえばカラー診断が細かく理論的ですし、骨格診断も一人ひとりにカスタマイズした内容になっていました。これなら自分が起業したときに、自信を持って伝えられると思ったことが一番大きいです。二つ目の理由は花岡先生のお人柄です。加えて、卒業した後も気軽に相談に来られるアットホームなところもポイントです。アフターフォローがとてもしっかりしていると思います」

  • ――ラピスで学んだ感想、印象に残っていることは?

    「花岡先生がイメージコンサルタントとして一流でいらっしゃるので、イメージコンサルタントはこうあるべき、という姿勢を先生に教えていただいたと思います。プロとして、職業としてやっていくことがどういうことなのか、よくわかりました。別のところで学ばなくてよかったと思っています。中途半端なことはしない先生で、たとえば質問にもとことん付き合ってくれますし、物の考え方や立ち振舞いに至るまで、職業としてのイメージコンサルタントとは何なのかを教えてくれました」

自分自身の個性とラピスのメソッドを持っていれば、差別化ができる

――ラピスで受講するまでの職業・キャリアを教えてください。

「採用関連の仕事を長くやっていて、そのときから外見や第一印象の大切さを感じていました。ファッションだけではなく立ち振舞いも含めて、同じ履歴書でも変わってくるというか……。漠然と“第一印象を良くする何かを仕事にしたいな”という思いがあったのかもしれません」 

――イメージコンサルタントになろうと思ったきっかけは?

「メイクをするようになった高校生のころ、メイク一つでこんなに変われるのかと思いました。自信が生まれて、コミュニケーションにも関わってくると実感しました。ファッションでも同じことを感じるタイミングがありましたが、最終的には花岡先生のイメージコンサルティングを受けたとき、今までのあらゆることが腑に落ちました。それで私も、同じようなことをやっていきたいと思いました」

  • ――修了後、どのように活動を始めましたか?

    「2015年の秋に卒業したあと、初めは友人を対象に無料モニターという形で診断をし、メニュー構築に努めました。メニューが固まり自信がついた年末ごろにSNSを使った発信を始めて、一般の方に募集をかけていきました」

    ――自宅サロンを運営する上で、気をつけていることは何ですか?

    「とにかく生活感を出さないことです。空間を含めてここに来てよかったと思っていただけるように、空間づくりは大切にしています」

    ――水原さんの強みはどういう部分でしょうか。

    「私は多分、他の方より理論好きなので、納得していただくまで説明するということがあります。何度も来てほしいというよりは、わかってもらうまで話す。お客様に腑に落ちていただきたいので、自分の話し方をはじめメニューの組み立て方、進め方、ツールの作り方に関しては一番気をつけています」

    ――これからイメージコンサルタントになりたい人へのアドバイスをお願いします。

    「それぞれ、人には個性があります。これだけたくさんのイメージコンサルタントがいる中で食べていけるのかと不安に思うこともあるかもしれませんが、自分自身の個性とラピスのメソッドを持っていれば差別化ができると思います。案ずるより産むが易し、やりたいと思ったことはやってみてください」